口コミで大人気のおいしい青汁!人気の秘密は酵素でした

青汁の美味しい食べ方

健康に良いのはわかるけど、青汁の味は苦手…という人は多いものです。

 

特に、栄養豊富なケールを使用した青汁はクセがありますよね。

 

ですが、食べ方を少し工夫することで青汁も美味しく食べられるものです。

 

一番のオススメはヨーグルトと混ぜて食べる食べ方です。

 

ヨーグルトは加糖タイプが良いでしょう。

 

ヨーグルトと混ぜることで味がまろやかになり、食べやすくなります。

 

続いて、ホットケーキミックスに混ぜて焼いて食べるのがおススメです。

 

最近は粉末状の青汁がオーソドックスなので、簡単に混ぜることが可能です。

 

ホットケーキとして焼くことで、独特な苦みや香りが軽減され美味しく食べる事ができます。

 

もっと簡単に飲料として摂取したいのであれば、りんごジュースやオレンジジュースと混ぜる事で簡単に美味しく摂取できます。

 

普段の料理に混ぜて摂取したい場合、カレーやハヤシライスといったレシピと青汁は案外相性が良いです。

 

色は少し悪くなってしまいますが、カレーの辛さやハヤシライスの甘さに青汁独特に風味が打ち消されて美味しく食べられます。

 

また、ハンバーグや餃子といったミンチ肉を使ったレシピとも相性はよく、これらも青汁の癖にある味を消すことができておススメです。

痔にならないために青汁を飲む

 

痔にならないために青汁を飲むという健康法はいかがですか?あくまでも予防という意味なのですでに痔になっているならば意味は無いのかもしれませんが、それ以前の状態なら多量に含んだ水溶性食物繊維が便のかさを増やしてくれるので、便秘になりにくいはずです。

 

便秘になりにくいということは、それだけ裂肛などの痔が発生する可能性を小さいものにしてくれるといえるでしょう。

 

また、冷たいものを飲むことで腸を刺激すると便意を促進できるといわれています。

 

青汁は冷たい飲み物なので、一気飲みして腸を刺激してあげることで便意を催すことも可能となります。

 

結果的に便秘にならずに済むので、痔にもならない確率そのものを高めてあげることが可能になるはずです。

 

したがって、青汁を飲む場合に便秘を改善することも考えるならば、しっかりと冷えた青汁を飲むことがいいのかもしれません。

 

ただし、体を冷やし過ぎるのもまたからだに悪いともいわれているので、この辺のさじ加減は自己責任の原則のもとで判断する必要があります。

 

もちろん、青汁だけに依存しないで運動を行ったり血の巡りを良くすることが痔の予防には大切なので、いろいろと組み合わせて最適な方法を見つけていきましょう。

LDL対策に青汁はいかがですか

 

LDLの悪玉コレステロールを退治するためには、余分な栄養素を排除しながら体にいいといわれている野菜をたくさん摂ることが大切になってくるケースが有ります。

 

たとえば、油たっぷりの食生活をしていると脂質過剰になりLDL悪玉コレステロールが増加するといわれています。

 

反対にそういう資質とカロリーがたっぷりな食生活ではなく、ベジタリアンとまではいわないまでも、野菜を沢山摂っている食生活をしているとそこまで酷いことにはならないともいわれています。

 

このことを考慮すると、悪玉コレステロール対策には水溶性食物繊維をたっぷり含んでいる緑黄色野菜の王様、「ケール」を含んだ青汁がいいかもしれません。

 

ケールはいわゆるキャベツとかダイコンの仲間であるといわれているアブラナ科アブラナ属の野菜ですが、非常に有効的な成分をたくさん含んでいるといわれています。

 

その効果を期待するところは多岐にわたっており、妊活中の栄養補給や便秘を改善したい場合、それとダイエットにも向いているといわれているのです。

 

当然、総合的な栄養バランスが重要になってくるので、青汁オンリーでどうこうなるものでもないのですが、健康意識の高い人が愛飲している事実からも侮れない実力を持っていると言っても過言ではないでしょう。